シベリアとは

シベリアとは

シベリア

 

冷蔵庫の普及していない時代にひんやりとした食感と涼しげな名前が好まれ、昭和初期には「子供達が食べたいお菓子No.1」であったと伝えられ高齢者の90%以上に知られています。

発祥地から考案者、名称由来、食品分類に至るまで未だ正式な解明がなされていません。誕生は明治後半から大正初期頃で、当時はどこのパン屋でも製造していたとの記録があります。

シベリアを考案した人物は不明であり、関東以外の地方や外国にも同種の菓子の存在は認められていません。

東アジアで多用される小豆の餡子を使っているため、ロシアのシベリア地方が発祥ではないことは明らかとされています。名称の由来に関しては諸説あるが、特によく聞かれる説は、
羊羹をシベリアの永久凍土に見立てたという説 カステラの部分を氷原に、羊羹の部分をシベリア鉄道の線路に見立てた説 シベリア出兵にちなんだものだからという説 日露戦争に従軍していた菓子職人が考案した説

本当に謎めいた不思議なお菓子です。